A-cial Design RECRUITMENTRECRUITMENT採用情報|株式会社アーシャルデザイン|新卒採用・中途採用の情報

 

NANAHO
SHIMIZU

清水 なな帆

Athlete Agent事業部 
キャリアアドバイザー

入社時期:2018年入社

企業の気持ちも学生の気持ちも

おろそかにしない

担当しているのは主に新卒学生の就職支援全般、就活勉強会運営、イベント運営、twitter運用などです!結構幅広く担当しています!
仕事をしているうえで大切にしているのは、企業の気持ちもおろそかにしない、学生の考えや気持ちもおろそかにしない、ということですかね。どちらもハッピーな着地点に持っていく努力をすることです。

清水 なな帆

仕事とプライベートの両立

前職もベンチャー企業だったのですが、当時はかなりハードワークでした。“若手が育つためには残業することも厭わず、仕事最優先でガツガツ頑張るべき!“というような雰囲気にどんどんなってきてしまって(笑)でもその頃ちょうど結婚をしたんです。それが転機になりました。
結婚をしたからには家事をきちんとこなしたい、それと、夫がラグビーのトップリーグにいたので、支えなきゃという思いが強く、今のような働き方のままでは家庭との両立には限界があると感じ、転職を決意しました。仕事も楽しかったし同期も大好きだったので、決断には悩みましたが。。。
アーシャルデザインでは、社長や役員と面接をする中で、包み隠さず条件面などの要望をお伝えさせていただいたんですけど、働き方にきちんと理解を示してくださいました。

清水 なな帆

人の人生を背負う責任

アーシャルデザインは、スポーツに関わる事業に携われるというところで、自分も大学でスポーツの勉強をしていたので合うと思いました。また、もともと教育にも興味があったので、面談を通じて学生を育てていくという点で惹かれました。
人の人生を背負っているので、自分の一言が相手を左右するプレッシャーの中で、最初は知識がなく手探りな部分も多くて。でも学生を良い形に導いてあげないといけない、そんなジレンマがありました。
素直な学生は良くも悪くもネット情報なども含め全てを信じてしまいますし、逆に、先入感を強く持ちすぎてしまっている子はその考えを正してあげるのが難しい。視野を広げるためにも就活や企業に対して多角的に考えられるようにしてあげたいのですが、なかなか難しいですね。
でも、面談をじっくり重ねて学生と一緒に考え、そして学生の望む将来を実現できる会社に決めてあげられた時はとても嬉しいですし、やりがいを感じます!

清水 なな帆

いろんな働き方の

ロールモデルになりたい

目指しているのは、「いろんな働き方のロールモデル」です。女性はライフイベントの多さによって考えることが男性より多い。だから、“子どもが出来たからやめないといけない”だとか“こうしないといけない”という色々な先入感を払拭したい。そのモデルケースになりたいですね。そのために会社にも働きかけるし、そこは社長も理解があるので、女性の働きやすい環境が実現できるのではないかと思っています!
業務面での目標は、カウンセリングにおける自分の強みを伸ばして確固たるスタンスを作ることです。この仕事を通して、相手の良いところを見つける力、相手を元気付けてモチベーションをあげる力、初対面の人に安心感を与える力が自身の強みであると分かってきました。今後はこれを起点に、心理学を勉強しながらより学生が「この人だから頼りたい!」と思えるような不動の存在になりたいと考えています!これだけだと漠然としているんですけどね(笑)