A-cial Design RECRUITMENTRECRUITMENT採用情報|株式会社アーシャルデザイン|新卒採用・中途採用の情報

 

HARUKA
KAGEYAMA

蔭山 春佳

Athlete Agent事業部 
キャリアアドバイザー

入社時期:2020年入社

これまでの経験

中学高校ではバスケ部に所属しておりました。膝の怪我と付き合いながらではありましたがレギュラーとして6年間全うしました。立教大学ではラクロス部に入部し、スッピンにジャージ姿で大学に通い、日本一を目指して練習に明け暮れました。
大学卒業後は観光学部だったこともあり、憧れの旅行会社へ入社しました。中小の旅行会社の法人営業部で、企画提案、ツアーコンダクター、イベントコーディネーター等、4年半に渡り様々な経験を積んだ後、大きな案件にチャレンジしたくて大手旅行会社に転職。しかし、案件は大きいものの、縦割り業務で案件を回していくので裁量も小さく、自分らしさの欠片もない仕事ばかりでした。明日私がここからいなくなっても何も変わらないのだろうと漠然と思ったのを覚えています。そう感じてからは大手旅行会社を1年で卒業。その後は旅行系のWEBメディアを運営しているベンチャー企業へ転職し、新規開拓営業やライターの仕事を始めました。プライベートではヨガのインストラクターとして自主開催でレッスンの運営をしたり、営業やライターの仕事をいくつか掛け持ちし、一気にやりたい事を片っ端からしていくライフスタイルに。そして、ご縁があってアスリートエージェントに出会いました。キャリアアドバイザーとして、自分の経験をもとに沢山の学生の支援ができる事も私のやりがいになっています。

蔭山 春佳

業界、フェーズ、

そして社長の想いが合わさり

アーシャルデザインへ

ーなぜ人材業界に興味を持ったのか
人生のターニングポイントであるキャリアに興味を持ったからです。
私自身ずっと人へのイノベーションを起こす仕事がしたいと思ってきました。人が新しい世界に踏み出す「きっかけ」を作りたい、そんな想いがありました。私自身が学生時代にスポーツや旅を通じて自分の成長を体験してきたからだと思います。その経験から、新卒で入った旅行会社では教育旅行を担当させてもらったり、旅に関する記事を書いたりしていました。自分の仕事が「誰かの」成長に繋がっている気がしたのでやりがいはありました。しかし、個人事業主として働き始めると、様々なクライアントの相談にのる機会が増えました。キャリア相談にのったり人生のターニングポイントについて話す機会も多くなったんです。気付けば人のキャリアにとても興味を持つようになっていました。そして「誰かの」ではなく、目の前の人の人生によりダイレクトに関わっていきたいと思うようになったんです。

ーなぜ、ベンチャーを選んだか
ビジネス環境が決め手でした。
大手、中小、ベンチャー企業とあらゆる環境を経験してきたお陰で、どのフェーズが自分にとって一番ワクワクしながら仕事ができるのかを分かっていたので、迷うことはありませんでした。会社のエンジンとなって裁量を持って仕事へ取り組める事、同じような熱量を持って働いているメンバーと一緒に会社を大きくしていく段階は、ベンチャー期ならではの貴重な経験だと思っているからです。

ーなぜ、アーシャルデザインなのか
決め手となったのは、社長の小園さんの熱い想いです。
ここまで色々つらつら述べてきましたが、正直ここが一番大きかったです。
どんな人に付いていきたいか、どんなチームと仕事をしたいか、私が大事にしている部分をガシッと掴まれた気がします。

携わっている業務

今は新卒の就活アドバイザーを中心に業務を行っております。
その他、SNSの運用やnoteを利用したメルマガ配信を定期的に行っております。

蔭山 春佳

「学生×自分」にしか

出せないゴール

100人100パターン。正解がない世界だなと日々感じております。
そして学生だけではなく、アドバイザーも100人100パターン(そんなにいませんが笑)
だからこそ就職先決定までの道のりやその結果は、他の誰にも真似できないものと感じます。
「学生×自分」にしか出せないゴールがある。ここが一番のやりがいです。

関わる全ての人と

本気で向き合う

目の前の人と本気で向き合う事を常に心掛けています。
これは学生へもそうですが、社内のメンバーも含め、関わる全ての人に対して向き合う姿勢を大事にしています。

蔭山 春佳

「そうだ、

あの人に相談してみよう!」

就活は人生の分岐点。働くってよくわからないし、自己分析では認めたくない自分の弱点にも目を向けなければならなくなる。
周りと比べて焦ってしまたり、逆に失敗を遅れて慎重になりすぎてしまう事もあるでしょう。
そんな時に真っ先に声を掛けてもらえるような存在でありたいと思っています。

ビジネスアスリートとしての

強い向上心と成長意欲

ビジネスアスリートとして社会に出てからも活躍したいという強い向上心や成長意欲をお持ちの方にはアーシャルデザインはぴったりです。
今のメンバーは中途メンバーが多数を占めておりますが、皆さん様々なフィールドの第一線で活躍してきたメンバーばかりです。
そして事業を自分事として捉え、日々結果にコミットする為に切磋琢磨しています。
誰よりも早く結果を残し、会社と一緒に成長していきたい人には喉から手が出る環境間違いなしです。